グルメ Feed

2014年2月 8日 (土)

テレビ定番としてのコーラス

 永年コーラスを続けてきた感想からいえば、コーラスの内容はクラシックの分野であり、聴くよりも歌うことの方が楽しい。ただ突っ立って歌うだけでは、見ていても面白くないのだ。ところがBS日テレで若手プロのフォレスタが好評なことから、少し様子が変わってきた。今度はBS-TBSで大学音楽系のコーラスが継続して紹介されるようになった。何よりレベルが高い。女性が美しい。プロの声楽家も出てくる。新しい編曲でポピュラーも演奏される。というわけでどうやらテレビ番組でも定着しそうな気配である。それもようやく午後10時という遅い時間であるが・・・。いずれにしても7時から9時のゴールデンタイムは、あまりにも歌謡曲の老人ホームになってしまって、見る気がしなかった。日本人はもっともっと「和音」を楽しめるようになりたいものだ。懐メロでもコーラスで聴くとまた一味違って楽しめるのだ。